×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

本文へスキップ

包茎・ペニス増大トレーニング解決。

包茎手術 ペニス増大トレーニング。

ペニス増大トレーニング@HEADLINE

どうやってでっかくするか?

ペニスの勃起力は海綿体組織に流れ込む血流の強弱と、海綿体組織を押し出す力に比例します。

このページでは勃起力を強化する基本トレーニングにあたるPC 筋トレーニングについて説明します。

まずPC 筋についての本来の役割ですが、PC筋は主に排尿を止める時や、射精をコントロールする場合に使う筋肉です。

実際に触ってみると分かりますが、肛門をキュッと締めるとペニスがピクリと持ち上がる感覚が伝わる筈です。
この筋力がPC筋です! 
PC筋の場所は簡単に分かりますので試してみましょう。

肛門とペニスの玉袋をつなぐラインを指で触って下さい。
そして肛門をキュッと締めてみましょう。

ライン上に置いた指にピクリと伝わる感触があるので、これがあなたのPC筋の場所です。

本 来は肛門を締める筋肉は肛門括約筋と呼ばれている筋肉なのですが、PC 筋は肛門括約筋と連動している筋肉なので、PC筋は肛門括約筋を締めたり緩めたりする事でPC筋は連動して自然に鍛えられていきます。 

PC筋を鍛えた後 の効果は、ペニスの血流量と勃起力が格段に改善される効果があります。

PC 筋トレーニングは初歩的な勃起力改善のトレーニングですが、通常行なうチントレと同時に並行して実施すれば、張りのある硬いペニスを作り出すことも可能で す。


誰でも簡単に出来るPC筋トレーニング

PC筋トレーニングはとても簡単な初歩のチントレですから手順を読んで習得してみてください。

最初にPC筋を5秒間かけて徐々に締めていきます。
ポイントはキュッ・キュッ・キュッといった感じで段階を踏んで締めていくのが良いでしょう。

次にPC筋を完全に締め付けた状態を維持して、5秒間ガマンしてPC筋を締め続けます。

5秒経過したらフワッと力を抜いて5秒間リラックスしてインターバルを置きます。

これがPC筋トレーニングの1 サイクルのセットとなります。(1セット=15秒)

トレーニング初期の段階ではこれを10回(10サイクル)繰り返し3日間ほど継続して実施します。
4日目以降は20回(20サイクル)に回数を徐々に増やします。
7日目以降は30回(30サイクル)にさらに回数を増やします。


毎日少しずつ慣らしながらPC筋を鍛えていくうちに30回が無理なく出来るようになればPC筋の筋力アップはひとまず成功です

一度PC筋に筋力が付いてし まえば、毎日PC筋トレーニングを実施する必要はありません。

ただ辞めてしまうと筋力が衰え始めますので、筋力を維持する意味で週に数回のPC筋トレーニ ングするような習慣にするのが良いでしょう。

PC筋トレーニングは場所を選ばないので、好きな時間に好きな場所で実施できるトレーニングです。
入浴時、部屋、車内、職場?などやりやすい場所で自由に実施してみて下さい。




もうひとつのPC筋トレーニング(PC筋ウォームアップ方法)


PC筋を鍛えるトレーニングに、もうひとつPC筋ウォームアップ法というトレーニングがあります。PC筋ウォームアップ法はペニスの海綿体組織に沢山の血液を送り込むために考案されたウォーミングアップ法の一種です。

ま ず姿勢は、立ってでも座ってでも構いませんので、やりやすい体勢で行なって下さい。

大事なペニスの怪我予防にペニスにはローション(潤滑剤)を塗ります。
ローションはネットでペニス専用品も販売されていますが、市販のボディローションでも流用は可能です。
お試しでやるならいつも使っているボディーソープでも代用は可能です。
ただしボディーソープは長時間使用するとペニス表面の油分が取れてヒリヒリ感が発生しますので、代用品としてお考え下さい。

それではやり方です。

まずペニスを完全勃起状態になるまで扱いて大きくして下さい。ペニスがこれ以上大きくならない状態まで完全勃起状態になりましたら、ペニスの根元を両手で輪を作り締めこむ感覚で押さえ付けて下さい。

両手でペニスの付け根を締め付けながら輪をそのままに、ペニスを少し上に持ち上げて輪をペニス付け根の皮膚にギュッと強めに押え付けます。この状態ができたら、PC 筋に力を入れてペニスをさらに上に立たせます。

PC 筋に力を入れ続けたまま勃起したペニスが上向きの状態になるようにガマンして維持して下さい。やがて時間が経つとペニスの力が自然に抜けてペニスは下がっていきます。

ペニスが完全に降りたらまたペニスを扱き頑張って完全勃起状態を作り出します。完全勃起状態になりましたら、最初の手順で両手で輪を作り再度PC 筋に力を入れ繰り返しペニスが下がるまでPC筋に力を入れ続けます。
この繰り返しがPC筋のウォームアップとなり、PC筋を鍛えていきます



上記のサイクルを基本にしてPC 筋が疲労を感じるまで数回繰り返して実行します。
このとき実施回数には決まりはありませんのでPC筋が疲れるまでという感覚が目安で結構です。

最初のうち は2回〜3回程度で疲れてしまうでしょう。
PC筋ウォームアップは無理にハードなウォームアップをしなくても問題ありませんから疲労度が増さない程度に実 施しましょう。
また翌日になってもPC筋の疲労が抜けない場合は無理をしないで休んで下さい。
もしくは疲労度が取れない場合は、回数を少なくするかPC筋 の締め方を緩くして実施するのも良いでしょう。

PC筋を鍛えることで勃起力アップや、ペニスの埋もれた海綿体組織の押し出し効果、射精時 のコントロールが改善できるようになる効果があります。
またPC筋トレーニングは場所を選ばず簡単に出来ますから、チントレと同時に実施するも良しです。 PC筋トレーニングを上手に活用していくことでペニスは強化され増大していく可能性を秘めています。